アイピルとは

緊急用避妊薬である「アイピル」はインドのマハーラーシュトラ州の都市、ムンバイに本社を置く「シプラ社」が製造・販売を行っています。
シプラ社はインド国内に置いてジェネリック医薬品製造の筆頭に挙げられるメーカーで国外でも有名な企業です。

アイピルは、性交渉の最中にコンドームが破れてしまったり、望まない性交によって妊娠の不安が生じた場合に服用をします。最も多くの国で使用されており、24時間以内に服用をした場合、避妊率は95パーセント以上で、非常に高い確率で妊娠を防ぐ事が出来ます。
25~48時間経過をし服用すると85パーセント、49時間から72時間以内の服用で妊娠防止率が58パーセントになってしまうので早めに服用することが妊娠を防ぐ事になります。

経口避妊薬のアイピルはノルレボジェネリックです。

イピルの主成分である「レボノルゲストレル」は排卵の周期を遅らせる作用を起こします。
そのメカニズムとは排卵が起こる直前、LH(黄体形成ホルモン)と呼ばれるホルモンが大量分泌されます。この現象をLHサージといいます。ですが、この最中にプロゲステロン(黄体ホルモン)が投与されると、LHサージを抑えることが出来ます。
すると、排卵が起こらなかったり遅延させたりするのです。レボノルゲストレルはプロゲステロンと同じ作用をするため、先述したメカニズムによって排卵を抑えることが出来るのです。

また、着床障害を起こさせる働きも持っています。着床とは受精卵が子宮壁に付着し発育の準備が始まることをいいます。
レボノルゲストレルが効き始めると着床しやすい環境を早めに作り出し、受精卵が到達する頃には既に着床しにくい環境となっているため、妊娠をしないのです。

あくまでも緊急用の際に服用するアフターピルですので常用は禁止されており、生理不順や妊娠を常時防ぎたい場合には常用ピルを服用しましょう。
しかし一つでも常備をしていればいざというときには安心です。通販の際にも即日配送という所も多いため、検討をしてもいいと思います。