ジェネリックのアイピル

性の文化が発展して、性行為がコミュニケーションの手段として認められてきました。
恋人や夫婦の性行為よりも、男女のコミュニケーションとしての一つとしての性行為の方が多いものです。
もしも、性行為をするのであれば、妊娠をしない方法で行うことがとても大切です。しかし、恋人や夫婦とは違い、単純にコミュニケーションとして性行為であえて男性に避妊具をつけないで満足させてしまうこともあります。またはうっかりして女性側でも妊娠しやすいタイミングだったと慌てることもあります。
このときには、望まない妊娠を防ぐためにも、婦人科にて緊急避妊薬を処方してもらい、なるべく3日以内に飲むようにしましょう。しかしながら、処方してもらう薬の値段が高いこともあり、婦人科にいくタイミングを逃してしまうこともあります。もしものために、一番安い値段で薬を購入することを考えていきましょう。
医療機関で処方されるノルレボがありますが、後で作られたジェネリックの薬で、同じ効果を出す薬のアイピルがあります。
この薬は、日本では販売がされていないために、外国から輸入して購入します。
飲み方は性行為の後3日以内に飲むのは同じです。できたら飲まないで安全に性行為を行うものですが、いざというときにそなえてそっと用意するのに適しています。
女性でも、妊娠しない方法があるのだから、男性も避妊しないで性交渉をしたいという気持ちもありますが、欲求をおさえて行うことが大切です。
コニュニケーションの一つだからといって割り切らずに、一度行うときにはしっかりと避妊については話し合いを持ったうえで行うことが大切です。しかしながら、流れでつい体を重ねてしまったなど、妊娠しそうな感じがしたら、すぐに緊急避妊薬を飲めるようにしたいものです。朝ではなくても3日間で飲むとよいので、常にアイピルを持ち歩くのもベストです。この薬はジェネリック医薬品として開発されていますので、薬の値段を気にせずに購入できます。
本来は、望まない妊娠をしないように気をつけるのが性交渉のマナーですが、万が一のときに慌てずにすむようにお守りとして持っていると安心できるものです。購入するときも、女性名義で手に入れることを条件にしているために、相手に気付かれないように手に入れられます。性行為は、コミュニケーション目的で行うこともありますが、望まない妊娠だけはしないことを守りましょう。